★時事ニュースに強い、朝日小学生新聞。

 

中学入試では、朝小の記事をもとに出題した学校もありました。
時事問題の出題傾向の分析や、難関校に合格した元読者に聞く新聞活用法なども記事にしています。

 

★2020年度の大学入試試験対策に対応

 

2020年度以降の大学入試では、思考力、判断力、表現力に重点が置かれるため、読む、書く、考えることで成績アップを後押しします。

 

★定期テストや自主学習に最適

 

★朝小 受験対策に一役 時事問題を徹底分析!NEW!

 

中学入試で多くの学校が出題する「時事問題」。
朝日小学生新聞(朝小)編集部は全国の国立・私立中学約70校以上の入試問題を分析し、2019年度はどんなテーマがよく取り上げられたのかを調べました。
「朝小のアドバイスが役に立ったのでは」と思われる出題もめだちました。

 

★朝小を使って公立中高一貫校合格!!

 

近年、人気が高まっている公立中高一貫校の適性検査には、教科の枠をこえた問題や記述式の問題が多くみられます。
さまざまな話題を取り上げ、毎日読む訓練のできる朝小は、適性検査の対策にぴったり。

 

★灘、筑駒、女子学院の合格者の4割以上が朝小読者

 

朝小は外部の調査会社にたのんで、灘中(兵庫)と筑波大学付属駒場中、女子学院中(ともに東京)の合格者にどれぐらい読者・元読者がいるか、聞き取り調査をしました。灘中は約40%、筑波大学付属駒場中は約47%、女子学院中は約42%と高い割合でした。

 

 

読む子は伸びる!

 

入試に強い理由は、そのひとことです。

 

先ごろ、日本の高校1年生の読解力が低下しているというニュースが危機感を持って伝えられました。

 

「読む習慣」は、読解力や語彙力が身に付き、それは最強の武器にもなります。

 

試験問題の文章がどういう答えを求めているかを的確に読み取る力となるからです。

 

★ 購読しているお母さんたちは、
教育熱心、そしてさまざまなことに好奇心のある子に育てたいという意欲があり、小学校4年生以上のお子さんを持つご家庭。

 

 

 

「朝日小学生新聞」は、50年以上の歴史をもつ小学生向けの新聞です。

 

子どもたちが「新聞」に親しみを感じることができるよう、イラストや写真を多くして幅広いテーマを掲載。

 

漢字にはふりがながついているので、低学年でも読むことができます。

 

一般紙と同様に世の中で起きている出来事やニュースを掲載していますが、わかりやすくまとめられていて、大人でも参考になると評判です。

 

時事ニュースのほか、算数や国語、英語の学習に役立つ記事、楽しい読み物やマンガも掲載。

 

 

 

 

愛読者のお父さんお母さんが「こんなふうに活用しています」と教えてくれました。

 

 

 

家族の共通の話題が増えました。
朝小を読むようになって、知識が増えて、世の中のことが少しずつわかるようになってきているのが、親としてうれしく思います。
日々忙しいので記事をトイレに貼ってみると、興味のない記事でもしっかり読むようになりました。トイレに貼るので、家族の共通の話題が増えました。

 

(京都・5年女の子のママ)


 

 

切り抜きを自由研究に活用しました

 

役に立ちそうな情報を日頃からスクラップしておき、子どもの勉強に活用しています。夏休みの自由研究でも参考にし、大作ができ、クラスで選ばれたりして子どもも喜んでいました。家庭でできる理科実験などが楽しみです。

 

(東京・3年女の子のママ)


 

 

書き写しで国語力がアップ!

 

娘は自主勉強の一つとして新聞記事の書き写しを行っています。文を書くのが苦手な子でしたが、最近では文の要約や感想も書けるようになってきました。国語力をつけるのに大変役に立っています。

 

(福島・5年女の子のママ)


 

 

兄妹がふたりとも楽しめています

 

小学生に読み切れる内容か心配していましたが、まんがや科学、家庭科などどんな子でも楽しめ、勉強できる内容でした。初めてでしたが、もっと早く購読すればよかったと思います。

 

(埼玉・6年男の子と4年女の子のママ)


 

 

わかりやすく、視野が広がる

 

 

母親自身がテレビを見たり新聞を読んだりする時間が取れずにいたのですが、朝小を購読してから昼休みなどに朝小を読む習慣がつき、子どもと時事ニュースを共有することができるようになりました。

 

(静岡・3年女の子のママ)


 

 

 

「中学受験に役立ちました!」合格した子どもたちからの口コミ

 

時事ニュースに強く、豊富な受験情報も掲載されている「朝日小学生新聞」。
東京都内の中学校2校で、2017 年度入試の合格者を対象に「子ども向け新聞を読んでいたか」調査したところ、約60%が小学生のころから新聞を読み、その半数以上が「朝日小学生新聞」を購読していたことがわかりました。

 

 

 

 

塾で習ったことがよく理解できた。【開成中学合格】

 

朝小の1面などのニュースを見て、塾で習ったことと関連づけて詳しく理解することができました。


 

 

時事問題の勉強に!【早稲田中学合格】

 

 

楽しく読んでいました。直接受験のために読んでいたわけではないけど、自然とニュースがよくわかったので、時事問題を勉強する際には役立ったのだと思います。


 

 

*毎朝の習慣に!【東大寺学園合格】

 

 

朝小は毎日、朝ご飯のときに読みました。東大寺学園では社会でICBMについて出題され、朝小が役立ちました。受験体験記が載っているのも役立ちました。


 

 

*国語が得意に!【灘中学合格】

 

 

朝小の本の紹介で見た本に興味があり、読み始めた。本にあった漢字の意味を調べたりして、国語が得意になった。


 

 

*長文の読むスピードもUP!【麻布中学合格】

 

 

兄が読んでいたので、小さいときから読んでいました。ふりがながふられているので、漢字を読めるようになり、本を読むことも好きになりました。
長文問題が出る麻布で、読むスピードが速いために有利に働いたと思います。


 

 

 

このマンガの続きはこちらで読めます

 

 

 

 

 

 

【朝日小学生新聞・朝日中高生新聞】お試し読みもあります。3日分 無料